Machine
ガーベラ・テトラ

ジオン公国軍

ガーベラ・テトラ

 機体名称  ガーベラ・テトラ(GERBERA-TETRA)
 型式番号  AGX-04
 スペック
全高/18.0m  本体重量/46.7t  全備重量/73.2t
ジェネレーター出力/1710Kw
スラスター総推力/216000Kg(56000Kg×2 50000Kg×1 13500Kg×4)
180度姿勢変換:0.9sec
<シュツルム・ブースター装着時>
本体重量/48.5t  全備重量/86.0t
スラスター総推力/316000Kg(56000Kg×2 50000Kg×3 13500Kg×4)
装甲材質/ルナ・チタニウム
 武装
固定/腕部110mm機関砲×4 ビーム・サーベル×2 手持/ビーム・マシンガン
 パイロット  シーマ・ガラハウ
 機体解説
ガンダム開発計画によって試作された実験用ガンダムタイプMSを改修した機体。独自ルートでアナハイム社と接触を図ったシーマ艦隊へ密かに譲り渡されていた。
対MS戦闘で最強というコンセプトを継承したため、格闘戦能力や白兵戦能力に秀でており、更に格闘戦へ移行しやすいようにシュツルム・ブースターを装備していた。
強襲用MSとしては、当時の水準を・かに超える機体ではあったが、星の屑作戦で裏切ったシーマ艦隊を識別できなかったガンダム試作3号機と交戦の末、ビーム砲基部に貫かれ撃破されている。
 登場話数  13話